應 Yu-Chi Lin 的要求,把整篇拼出來......



東京瓦斯 爸爸的炒飯
ありがとう お父さん

(註:為了讓可能不那麼熟悉羅馬拼音的人順利念完,
以容易辨識的寫法而非正統的寫法表示。)

我想吃爸爸的炒飯
娘「お父さんのチャーハンが食べたい。」
musume「o tou san no cha-han ga ta be tai」

當我發現的時候我已經哭了出來
気がつくと私は泣き出していた。
ki ga tsu ku to wa ta shi wa na ki da shi te I ta


父「あ、ああ。」
chichi「a、a a」

(回想)
爸爸的炒飯
お父さんのチャーハンは、
O tou san no cha-han wa

總是在飯上面淋了蛋攪一攪的感覺
卵かけご飯をただ炒めただけ、みたいなやつで、
ta ma go ka ke go han wo ta da I ta me ta da ke、mi ta I na ya tsu de

感覺亂亂的卻是乾乾的感覺
パラパラというよりパサパサだし、
pa ra pa ra to iu yo ri pa sa pa sa da shi

自家用的醬油總是和別人家的不一樣
隠し味のソースは隠れてないし。
ka ku shi a ji no so-su wa ka ku re te na I shi

爸爸的炒飯
お父さんのチャーハンは、
o tou san no cha-han wa

喔!今天是炒飯喔
父「おう、今日はチャーハンだ。」
Chichi「ou、kyou wa cha-han da。」

總是在媽媽感冒的時候
お母さんが風邪のときとか、
o kaa san ga ka ze no to ki to ka

或是生氣跑回娘家的時候
怒って実家に帰っちゃったときとか、
o ko tte ji kka ni ka e ccha tta to ki to ka

一定會出現的一道料理
そんなときに決まって、出てくるものだった。
son na to ki ni ki ma tte、de te ku ru mo no da tta

好吃嗎
父「うまいか? うまいか?」
Chichi「u ma I ka? U ma I ka?」

娘「・・・」
musume「・・・」

不習慣的料理
慣れない料理
Na re na I ryou ri

不習慣的只有兩個人的空間
慣れない二人きり
na re na I hu ta ri ki ri

上高中的時候
高校生になって
Kou kou sei ni na tte

今天是……
父「おう、今日は・・」
Chichi「ou、kyou wa…」

我在外面吃過了
娘「食べてきた。」
musume「ta be te ki ta」

變成常常在外面吃
外食も増えて、
gai sho ku mo hu e te

能吃炒飯的機會也變少了
そんなチャーハンを食べることもなくなったけれど、
Son na cha-han wo ta be ru ko to mo na ku na tta ke re do

結婚典禮的前三天
結婚式の三日前、
Ke kkon shi ki no mi kka ma e

我想吃爸做的炒飯
娘「お父さんのチャーハンが食べたい。」
musume「o tou san no cha-han ga ta be tai」

好吃嗎
父「うまいか?」(回想「うまいか?」)
Chichi「u ma I ka? (kai sou「U ma I ka?」

雖然那個時候我說不出口
あのときは言えなかったけど、
a no to ki wa I e na ka tta ke do

好吃
娘「うまい」
musume「u ma i」

還有 爸爸 謝謝你
あと、ありがとう、お父さん。
A to、a ri ga tou、o tou san。

只有吃飯的次數、才能變成一家人
ごはんの数だけ、家族になる。
go han no ka zu da ke、ka zo ku ni na ru。

東京瓦斯
東京ガス
Tokyo gasu
創作者介紹

Sugi's Pensieve

izakisugi 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()